puchのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”変革”

 今日またプロジェクトが一つ終了した。テーマは”変革”(一応訳したけどちょっと印象が重すぎるかも)で、このプロジェクトは変革にちなんだテーマを一つ選んでプレゼンするというもの。
 俺が選んだのは"appreciative inquiry"というテーマ。議論を促進したりするワークショップみたいな感じなんだけど、すごい面白いからググって調べてみるといいと思う。根本にあるのは、「内にあるポジティブなものに目を向けよう」ってこと。日常生活(家族と話す時とか)にも適用できるかも、みたいな話題で盛り上がったりもした。

 今回のグループワークの面白かった点は、とにかくメチャメチャ速いスピードで物事が決まっていったこと。とにかく仕事を分ける分ける。集まっては分け、集まっては分け… ちゃんと一緒に仕事したって言えるのは、ホント最後の最後、リハーサルぐらいだった。
 今までいくつかグループワークを経験したけど、ここまで個人個人でやっていくっていうのは初めて。その分、プレゼン全体としてのまとまりが薄くなってしまった、っていう印象を受けた。
 速過ぎて口を挟めない時の方が多かったけど、全体的にすごい新鮮で面白かった。あまりに仕事を分け過ぎるのもよくない、っていうのもはっきり分かったしね(グループの仲はすごい良かったけど)。ホント色んなタイプのグループワークがあってメチャ面白い。

 あと面白いのは、どのグループにも必ず一人は他人の仕事の領域に入り込んで押し切っちゃう人がいること。勝手に人の文章を変えたりとかも平然と(しかも人によってはその人の目の前で)やるしね。しかも俺が見た限りでは全部女性。日本ではあんまり考えられない(よね?)ことだと思うし、これもすごい新鮮。
 ただこういうのを見ると海外で仕事をするのは大変かもなぁ、って思う。ホント自由人が多いし。権力関係があればまた違うのかもしれんけど。


 プレゼン自体は、6分間のエクササイズ含んだりして最終的にかなりの賞賛を受けた。まあ題材がよかったのが大きかったと思う。他のテーマと比べてもかなり実用的なものだったし。
 他のテーマを全部聞き終えた時点でまた感想でも書こうと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。