puchのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域発展に向けて地域の魅力を生かすための3つの方策



 今回の記事は前回の続きで、地域の経済的衰退を防ぐ&発展を目指すにはどうすればいいかについて論じたいと思う。
 また長くなってしまったので、面白く無さそうな部分はまた今度載せようと思います。ぶっちゃけストックができたので幸せ。

 TPPに関しても書いてみたけど、長くなったし今回の文章とあまり関係無くなったので分けました。時間のある時にでも一つずつご覧頂ければ幸いです。


 では、地域発展のための方策について。まず前回の軽いおさらいから。

 前回の記事で、グローバル化のおかげで経済活動の集積が起きるようになってて、先進国においては知識の生産に有利な場所に集積が起こって来ていることを話した。
 ちょっと舌足らずだった部分もあったのだが、知識の生産+応用に有利な場所が魅力的になってきているということで理解してほしい。

 じゃあ知識の生産+応用に有利な環境を作るにはどうすればいいのか。これはあまり面白くないかもしれないので、これについてをまた今度書こうと思います。みんなが興味があるのは、地域の魅力をどう生かしたらいいかなぁと思うし。ぶっちゃけ俺もこっちの方が興味がある。


 ただ、地域の魅力を生かす方策を語る前に、知識の生産かつ応用に有利な場所を作る事の重要性にだけ触れたい。
 経済発展において核となる地域を自分の分野ではgrowth poleと呼んでいるのだが、このgrowth poleをたくさん作る事が国の発展にとって重要。実は色々な地域がそれぞれの魅力を発揮するためにも、growth pole=知識の生産かつ応用に有利な場所をたくさん作る事が必要なのである。


ー経済発展の核となる地域の重要性
 なぜgrowth poleがたくさん必要なのか。growth poleができれば、growth poleのある地域は当然潤う。でもそれだけではなくて、growth poleの地域に輸出したり、逆にgrowth poleの住民が観光などで周辺地域を訪れることによって周辺地域も潤って行く事になる。そうやって、知識の生産に有利でないけど地域として非常に魅力のある地域も発展していけるようになる。

 つまり、growth poleがあることによって、色々な地域がそれぞれの魅力を発揮できるようになるということ。

 例えば福岡に大きなgrowth poleができれば、その恩恵を他の九州5県が被る可能性が高い。今の日本はホントに東京一極集中で、地方に全然恩恵が行かない形になってしまっている。

 なのでまずgrowth poleをたくさん作らないことには始まらない部分があるのだが、まあ日本にgrowth poleがたくさんあるとして、どうすれば地域の魅力を生かしてgrowth poleの恩恵にあずかれるについてこれから話して行く。


ー地域の魅力を生かすための3つの方策
 具体的にどう地域の魅力を生かして行けばよいのか。事例とともに3つほど方策を挙げる。

a、growth poleへの輸出
 輸出といっても、機械製品の輸出ではない。地域の名産品の輸出である。特に観光的な魅力を持たない農村や漁村にとっては、これは非常に重要。地域の名産品ができ、加工工場ができることによって、雇用も増えて行くだろう。雇用が増えれば若者も定着するようになり、好循環が生まれる。逆にそれが無いと衰退の一途をたどってしまう。

 事例として、四万十川の事例を紹介する。以下の記事で、一人のデザイナーが次々と地域の名産品を作り出し、四万十の発展を率いて行った過程が描かれている。デザインの重要性も明らかにしてくれる記事だと思うし、人間味も溢れてて、俺のすごい好きな記事。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20091021/207693/?rt=nocnt


b、growth poleからの観光
 観光客を引きつけるのに地域の魅力を生かす必要があるのはなんとなくわかると思う。ゆるキャラ、映画のロケ地、雄大な自然、美味いレストランなど、色々な形での地域の魅力の生かし方があるだろう。

 ここでは面白い例として、国内のgrowth poleではなく、海外のgrowth poleからの観光客を引きつけた例を紹介したい。北海道は釧路×中国映画ー「狙った恋の落とし方。」。

 釧路って道外の人からしたら有名かもしれんけど、北海道を旅行しまくった身からすると意外と行きにくいor結構あっさり通り過ぎてしまうような土地だったりする。最終目的地がもっと東(知床とか)であったりすることが多いし。
 それがこの映画が中国で大人気を博したおかげで、釧路の観光客が格段に増えたらしい。日中友好の一つの架け橋として見れるかもしれんし、非常に面白い事例。「冬ソナ」が日韓の距離を近くした(俺はそう感じた)のもそうだけど、映像作品ってやっぱすごいね。

 実は俺はこれに関してあまり詳しく無いのでwikipediaの記事だけ貼っときます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/狙った恋の落とし方。


c、growth poleからの居住
 観光で呼び寄せるだけでなく、そのまま居住してくれたら当然その地域でお金をたくさん使ってくれることになるだろう。

 ただ、日本において周辺地域に居住してくれるのは、主に退職後の高齢者ぐらい。しかも、高齢になるにつれ運転ができなくなったりして移動の幅が狭まってくるので、病院などさまざまな施設がコンパクトに配置されているような所しか高齢者は移住しないだろう。

 このような条件を満たし、高齢者移住で発展している事例が北海道の伊達市。豊かな自然、オープンでおおらかな風土、そして高齢者の乗り合いタクシーや移住お試し賃貸住宅などの事業によって高齢者がたくさん移住し、地価も上がってきている都市である。

 この事例に対しては自分が読んだ本を紹介する。
http://www.amazon.co.jp/この街は、なぜ元気なのか-桐山-秀樹/dp/476126554X/ref=sr_1_11?ie=UTF8&qid=1319495854&sr=8-11

 レビューアーが伊達市の現状の事をボロボロに書いてるけど、それもまあ確かなのだろうと思う。ただ、これからでもあるとは思うけど。




 地域の魅力の生かし方については以上。個人的にはaが結構キーポイントだと思ってたりする。見過ごされがちかとも思うしね。


 最後にまとめ。
・知識の生産・応用に有利な場所=growth poleをたくさん作る事が周辺地域のためになり、日本全体を発展させることになる
・周辺地域の戦略としては、農産物などの名産品輸出、地域の魅力を生かした観光事業、都市の魅力を生かした高齢者に優しい移住事業の3つが有力。



読んで下さってありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

「シアワセのものさし」いいですね~。
こんな仕事もあるのか。アンテナは高くしときたいですね。

地方からの輸出には、労力の輸出も含まれていそうです。
どうやってそれをコントロールするのか難しそうです。

ただ、実際働いてみたとき、会社は割りと地域・雇用を守るということを
意識してるんだなと気づきました。
なるべく、首は切りたくないし、経営が苦しくても指定校の枠は残す。
うちの会社が駄目なだけかもしれないですが、結構曖昧です。
縁もコネもあるし、義理と情も相性もある。でもそれだけじゃない。
都会から少し離れるだけで、人が集まりにくいという難点も実際あります。

growth poleからのアイディアの輸出が地方を潤す。
そんな仕事してみたいっすね^^

  • 2011/11/05(土) 13:31:22 |
  • URL |
  • ナリ #-
  • [ 編集 ]

ちょっと返信遅れちゃってごめんね~。しばらく日本語環境に無い状態におりました。コメントありがとうございますm(__)m


>地方からの輸出には、労力の輸出も含まれていそうです。
どうやってそれをコントロールするのか難しそうです。

人材流出を防ぐ方法ってのも確かに考えないとダメかもね。まず地元に産業+雇用を作る必要がありそう。

>実際働いてみたとき、会社は割りと地域・雇用を守るということを意識してるんだなと気づきました。

これいい話ですな~。そういう企業が地域にあるとホントありがたいもんなんだと思うよ。最近リストラとか工場稼働停止の話とか結構聞くしね。胸に留めさせていただきます。



地方再生請負人みたいな仕事はすごい魅力的だよね。ナリちゃんの場合は会社自体が地域に根付いてるっぽいし、既に地方を潤してるみたいなもんなんだと思う。
俺にはデザインの能力は無いけど、スウェーデンで学んだことを中心になんかしてみたいなぁ、とは常々思うよ。

またどんな感じで会社が地方と交流してるかとか聞いてみたいので、その時はどうぞよろしくお願いしますm(__)m

  • 2011/11/07(月) 20:54:50 |
  • URL |
  • puch #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。